多くの暗号資産上場、交換業者審査に関わった柚木庸輔氏と顧問契約を締結

GOLFINは新たに柚木氏と顧問契約を締結いたしました。

【柚木庸輔よりコメント】
小松代表とお話をし、過去のWEB3プロジェクトで生じていた課題を解決する、そしてその先に現在のリアルの世界で生じている課題を解決するという思いに共感いたしました。

ゴルフというわかりやすい側面からのアプローチをとりながらも、ゴルフを楽しむ人たちの立場に立ち、ゴルファーの心をしっかりと掴んでいくだろうところで、WEB3とリアルが交差し、WEB3のマスアダプションを実現し、さらに世の中の課題解決をしていくプロジェクトであることを確信しております。

【柚木庸輔プロフィール】
早稲田大学卒業後、2004年より有限責任監査法人トーマツにて会計監査業務に従事。外資系会計事務所、外資系コンサルティング会社、大手総合商社及び大手自動車会社を経て、株式会社YUNOKI ACCOUNTING PARTNERSを創業、代表取締役に就任。IPOコンサルティング、IFRSコンサルティングに特化。

日本暗号資産取引業協会(JVCEA)立ち上げ時から関与。日本暗号資産取引業協会(JVCEA)では、主に新規暗号資産上場対応、新規交換業者審査対応、交換業者からの相談業務及び交換業者の会計処理・財務健全性指数の策定に従事。

新規暗号資産の確認業務では、審査項目の作成、金融庁との交渉、各通貨の確認業務等を実施し、2018年10月以降日本に新規上場した新規暗号資産の確認業務に関与。

その後、事務業者向けwallet開発会社Fressets株式会社のCEOを務め、2021年2月に会社のM&Aを成功させたのち退任。

現在は、主に暗号資産交換業、暗号資産プロジェクト、NFTプラットフォーマーに対し、会計監査を初めとして、さまざまなサービスを提供している。

プレスリリース記事はこちら